技術文書

アイティメディア株式会社

デジタル時代のプロジェクト管理製品導入戦略ガイド

終着点が定まった大規模プロジェクトが、短期的な目標と継続的な変更を特徴とするアジャイルアプローチへと入れ替わる中、本稿ではプロジェクト管理がどう変化しているかを検証する。

要約

 プロジェクト管理は常に頭痛の種であり、プロジェクトポートフォリオの可視性を保つことは優秀なCIOにとってもストレスが多い。

 かつてほとんどの長期プロジェクトは、プロジェクト管理ソフトウェアがあればそれで十分だった。クリティカルパスの維持、計画の変更の位置付けと把握、それが最終結果に与える影響の推定もこれで確認でき、必要があれば最終的な納期を変更することも可能だった。

 終着点が定まった大規模プロジェクトが、短期的な目標と継続的な変更を特徴とするアジャイルアプローチへと入れ替わる中、本稿ではプロジェクト管理がどう変化しているかを検証する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/09/30
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間10ページ
ファイルサイズ2.73 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け