レポート

アイティメディア株式会社

徹底解剖:Facebookのデータセンターを訪問、ハードウェアはどうなっているのか

Facebookを支えるサーバおよびストレージはどうなっているのか。何十万台もあるといわれる同社のサーバのうち、3分1のサーバを格納する米ノースカロライナ州のデータセンターを訪問した。また、コールドストレージにはBlu-rayディスクやコンシューマー向けSSDを推進するというFacebookの方針を専門家が考察した。

要約

 Facebookは、データセンターの無駄を排除し、徹底的に効率化するために、独自にハードウェアの設計・構築を行っている。そして、2011年から、データセンター技術のオープンソース化プロジェクト「Open Compute Project」(OCP)を主導している。

 非営利団体のOpen Compute Project Foundationが進めるこのプロジェクトでは、マザーボードや電源、サーバシャーシ、キャビネット、バッテリーエンクロージャの仕様開発と機械設計が行われている。この取り組みは、サーバコストを低減し、新しい大規模データセンターの展開を容易にする可能性がある。

 では、Facebookのデータセンターは具体的にどうなっているのか。何十万台もあるといわれる同社のサーバの約3分の1を格納する米ノースカロライナ州のデータセンターを訪問した。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/09/03
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ361 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け