技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 9月2日号:Windows Server 2003少しだけ延命策

巻頭特集では、サポートが終了しても稼働を続けているWindows Server 2003を、OSアップグレードできるまで取りあえず安全にする方法を紹介。また、ハイブリッドフラッシュとオールフラッシュの選択方法、予測解析サービスに乗り出したMicrosoftの現状、Androidユーザーの実態調査結果をお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 9月2日号は、以下の記事で構成されています。

■サポートが終了したWindows Server 2003を「一時的に」延命する方法
 2015年7月にサポートが終了したWindows Server 2003だが、まだ多くのサーバで稼働している。取りあえずWindows Server 2003を延命する方法を紹介する。
■第2のWatsonとなるか? Cortanaで予測解析に挑むMicrosoft
 Microsoftは、Windows 10にも搭載されている音声技術「Cortana」をクラウドベースの解析サービスに組み込むことを計画している。
■「Androidユーザーはセキュリティ対策しない」ことが明らかに
 調査の結果、Androidユーザーの多くが危険性を認識しながら対策を行っていないことが明らかになった。
■「パスワードは安全だと思わない」――英国人の2/3が生体認証を支持
 調査の結果、英国人の3分の2がパスワードよりも生体認証の方が安全だと考えており、利用に積極的であることが分かった。
■Microsoftとの提携で、Lotus F1チームはシフトアップできるのか
 Microsoftと提携し、SkypeやMicrosoft Dynamicsを活用するLotus F1チーム。データの収集と分析に注力する同チームの努力は実るのか?
■ハイブリッドフラッシュ vs. オールフラッシュ、選択の基準は価格ではなく用途
 フラッシュストレージの導入が増えている。現在はHDDと組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイと、全てSSDで構成したオールフラッシュアレイという選択肢がある。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/09/02
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ3.64 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け