事例

デジタルアーツ株式会社

桐蔭学園をはじめとする学校でのタブレット導入、学習の自由を狭めないセキュリティ運用のポイント

初等・中等教育段階におけるプログラミング教育をはじめ、教育機関へのICT導入が加速している。持ち帰り学習時のセキュリティ対策や、Webフィルタリングといった、タブレットをはじめとするスマートデバイス特有の課題と解決のポイントを明らかにする。

要約

 教育のIT化に向けた環境整備に伴い、2015年は教育現場における「タブレット元年」といわれるほど導入が加速している。しかし一方で「セキュリティ対策」「Webフィルタリングの必要性」「校外授業でタブレットをどう守るか」「教師側のIT知識不足」などの課題も多い。

 そこで重要性を増すのがスマートデバイス向けWebフィルタリングソフトとなる。本ホワイトペーパーでは、桐蔭学園と三重県松阪市教育委員会の導入事例を基に解説。スマートフォンやタブレット端末のみならず、PCでも、サーバを用意することなく、Webフィルタリングを利用でき、持ち帰り学習時のセキュリティ対策や、生徒の自由度を狭めないブラックリスト方式のWebフィルタリング、クラウドサービスによる導入の容易さといったメリットを持つソリューションが示されている。

 普及が進む教育機関でのICT導入に関わる担当者やシステム開発者には、参考になる情報となるだろう。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 上記で紹介されたWebフィルタリング製品に関して導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 今回ご覧頂いたコンテンツはどのような目的で読まれますか?(必須)

Q3. すでに導入済みの製品・サービスに関してお選びください。(必須)

Q4. ご興味がある検討項目をお知らせください。
Q5. Webフィルタリングを導入したい利用場所はどちらになりますでしょうか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/09/01
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ2.42 MB
対象業種教育
対象企業規模全企業規模向け