技術文書

アイティメディア株式会社

ソフトウェア定義型製品導入戦略ガイド

ソフトウェアで何もかも定義するコンセプトはまだ登場したばかりで、適切な組み合わせの発見が成功の鍵を握る。本稿ではコンピューティング、ネットワーク、ストレージなどを含め、あらゆるソフトウェア定義型アプローチの現実性を検討する。

要約

 ソフトウェアで何もかも定義するコンセプトはまだ登場したばかりで、適切な組み合わせの発見が成功の鍵を握る。

 本稿ではコンピューティング、ネットワーク、ストレージなどを含め、あらゆるソフトウェア定義型アプローチの現実性を検討する。CIO は暫定的な製品を採用し、技術の進化に応じてそれを基盤とした構築を行うことにより、着実にソフトウェア定義型データセンターへと移行する必要がある。

 ただし、IT リーダーは誇大な宣伝を無視して技術や市場のパラメータ形成を待つ姿勢を取っており、2015 年は何もかもソフトウェアで定義する年にはならないだろ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/08/26
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間11ページ
ファイルサイズ2.65 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け