技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 8月5日号:BoxとDropboxどっちの箱を選ぶ?

特集は、異なるアプローチで企業導入を目指すBoxとDropboxの比較。他に、Windows 7のサポート終了後の市場動向予測、グリーンピースによる主要サイト格付けチェックなどのトレンド解説、「Angry Birds」を作ったRovioのCIOインタビューをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 8月5日号は、以下の記事で構成されています。

■Windows 7のサポート終了後に市場を制する「ハイブリッドデバイス」
 企業は2020年のWindows 7延長サポート終了の準備を始めなければならない。そのとき、市場ではイブリッドデバイスの重要性が増しているという。
■一流サイトは? 環境保護団体グリーンピースが主要サイトを格付けチェック
 AmazonやWikipedia、Tumblrなどのサイトをグリーンピースが再生エネルギー使用度で格付けし、結果を公表した。
■IoTのインタフェースになるウェアラブルデバイスが脅威を誘発?
 調査の結果、企業がウェアラブルデバイスの導入に前向きであることが分かった。だが、ウェアラブルデバイスを危惧する声もある。
■「IT部門は必要ない」──700人の社員を抱えるRovioのIT管理手法
 700人の社員と9カ所のオフィスを擁するゲーム会社Rovio。自ら「究極のリーンアプローチ」と称するIT管理手法とは? 「Angry Birds」の裏舞台を紹介する。
■Box vs. Dropbox、どちらの箱を選ぶべきか?
 ファイル共有&コラボレーションツールとして人気のBoxとDropbox。企業はどちらを選ぶべきか? 両社の微妙に異なる企業向けアプローチと事例を紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/08/05
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ3.38 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け