製品資料

株式会社インフォマート

電子請求書プラットフォームにおける「発行側」と「受取側」それぞれのメリットとは?

請求書の発行、受取、社内承認、経理・財務処理という請求処理業務は、請求書を発行する側も受け取る側も、さまざまなプロセスで人手や手間がかかっており、常に効率化が求められている。請求処理業務をシステム化する「BtoB電子請求書プラットフォーム」に関するメリットを探る。

要約

 請求書を発行する側、受け取る側の双方が利用することで、大幅なコスト削減を実現する「BtoB電子請求書プラットフォーム」が注目されている。メリットの大きい仕組みを無料で利用開始でき、急速に利用企業が増えてきているからだ。請求処理業務の電子化は、作業時間の短縮だけでなく、月次決算の迅速化で経営状況の正確な把握も容易になり、ペーパーレス化によるエコ経営も実現する。

 BtoB電子請求書プラットフォームは、既存ユーザーが新たなユーザーを呼び込んでいくことで利用者の輪が広がる。なにより、こうしたプラットフォームでは、仕訳作業の自動化や処理業務のワークフロー全体をフォローするものであることが望ましい。また、電子帳簿保存法に対応していることも、大切なポイントだ。

 本ホワイトペーパーは、BtoB電子請求書プラットフォームにおける「発行側」「受取側」のそれぞれのメリットを具体的に紹介している。基本的なシステム概要をはじめ、利用イメージ、ワークフローの自動化など、サービス選定に役立つポイントを分かりやすく解説している。導入によって70〜80%のコスト削減メリットが生まれた実績と理由を確認してほしい。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/07/24
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ1.00 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け