技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 7月1日号:情報をまき散らすウェアラブルデバイス

巻頭特集は、暗号化もせずに各種データを発信しているウェアラブル端末のリスクの現状。他に、OpenStackを導入する企業が間違えやすいポイント、Googleの担当者に聞くビッグデータ戦略、Ubuntuで有名なCanonicalの創設者インタビューをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 7月1日号は、以下の記事で構成されています。

■Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ
 多くのウェアラブルデバイスに採用されているBluetooth Low Energyには、プライバシー保護の面で問題があるという。
■導入が進むOpenStackに潜む「間違ったアプローチ」に注意
 大手企業や組織による採用が進むOpenStack。企業は今、この技術を真剣に検討すべきかもしれない。だが、多くの企業は間違ったアプローチをしがちだという。
■コネクテッドカーの増大でモバイルネットワークが破綻する?
 インターネットを積極的に活用する自動車“コネクテッドカー”が増大すると、トラフィックが増大して深刻な影響が出る、そんな調査結果が発表された。
■Cloud Bigtable担当者に聞く、Googleのスケールアウトビッグデータ戦略
 2004年にGoogleが導入したMapReduceは、ビッグデータに大きな影響を与えた。そして今、Googleはビッグデータに何をもたらそうとしているのか?
■Ubuntu Edgeに失敗したCanonical創設者、次の目標はIoT
 単なるLinuxディストリビューターの域を超え、スーパースマートフォン開発にも乗り出したCanonical。創設者のシャトルワース氏にインタビューした。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/07/01
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ3.36 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け