レポート

アイティメディア株式会社

ビッグデータはもう“オワコン”? 撲滅すべき8つの迷信を整理する

過大な期待が寄せられたビッグデータはブームが去り、実用的な技術が次々に登場している。だが、まだ多くの人にとってよく実態の分からないものになっている。ビッグデータにまつわる事実と迷信を整理する。

要約

 ビッグデータは過大な期待が寄せられたブームが終わり、実用的な技術が次々に登場している。事実、単に企業が関心を示すだけの対象ではなくなり、実際に活用され業務の一部として受け入れられるようになってきている。

 その一方で、これだけ取り沙汰されているにもかかわらず、まだ多くの人々にとってビッグデータは実態のよく分からないものになっている。その活用を進めるためには、まずはこの技術トレンドにまつわる事実と迷信を区別することが重要だ。

 本稿では、ビッグデータに関する実用技術の最新動向とそれにまつわる8つの迷信を整理する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/06/25
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ305 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け