レポート

株式会社シマンテック

初めての「多要素認証」で失敗しないための“10の確認リスト”

多要素認証製品は単純な製品ではない。多要素認証製品に投資する前に、企業が知っておくべきことを整理する。

要約

 不正に取得した正規のID/パスワードのリストを使ったアカウントリスト型攻撃が多数明るみに出ている。その背景には、多くのエンドユーザーが、複数のクラウドサービスで単一のID/パスワードの組み合わせを使い回しているという事実があり、根本的な解決は至難の業だ。

 安全性を高める現実的な手段として、ID/パスワードに加え、指紋認証や静脈認証といった生体認証、ICカード認証などさまざまな認証要素を組み合わせる「多要素認証製品」の重要性が高まりつつある。その効果は大きいものの、製品によって機能や特徴は大きく異なり、企業のニーズや環境に応じた慎重な選定が必要になることに注意が必要だ。

 多要素認証製品を選定する上で、注意すべき点とは何か。本資料では、多要素認証製品の主要な10種の項目にまとめた。多要素認証製品の導入を成功裏に進めるためのヒントになるはずだ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/05/29
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ253 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け