レポート

アイティメディア株式会社

スポーツ界で進むデータ活用、データサイエンスは“チームワーク”が大切?

スポーツの世界では、データ分析を意思決定プロセスに取り入れる動きが始まっている。実際、プロチームが人材確保に乗り出している。一方で、定義の固まっていないデータサイエンスの領域ではチームワークが大切だ。

要約

 野球やバスケットボールをはじめ、一部のプロスポーツの世界では、データ分析を意思決定プロセスに取り入れる動きが始まっている。実際に、多くのプロチームがデータサイエンティストの確保に積極的に動き出すだろうと予測されている。

 その一方で、データサイエンティストというなかなか席が埋まらない職種の人材を採用することよりも、データ分析のチームとしてプロセスを構築することの方が重要だとする考えもある。その背景には、データサイエンティストという職種はまだ定義が固まっておらず、1人ではこなし切れない所まで役割が拡大している現状がある。

 本資料では、プロスポーツ界におけるデータ分析の事例を紹介するとともに、データサイエンティストを取り巻く状況、課題を解説する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/05/14
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間4ページ
ファイルサイズ295 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け