技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 4月15日:スマートウオッチの業務利用

巻頭特集は、話題のApple Watch。企業の中で活用するシナリオを検討する。他に、巨大音楽ストリーミングサービスを提供するOmnifone創業者インタビュー、Google、Amazon、Appleが銀行業界に恐れられているワケ、注目すべき新興ハイブリッドアレイ企業分析などをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 4月15日号は、以下の記事で構成されています。

■注目の“Apple Watchの業務利用”、スマートウオッチが必要な場面とは?
 Apple Watchによってスマートウオッチ市場が本格的に始動した。コンシューマライゼーションはこのデバイスでも発生するのか? 業務利用が必要なシナリオとは?
■2014年、攻撃者に最も利用されたセキュリティの脆弱性とは?
 HP Security Researchが、年に一度のサイバーリスクリポートを発表。このリポートにより、2014年に攻撃者が最も利用した攻撃手法が明らかとなった。
■今、銀行業界が最も恐れているのはGoogle、Amazon、Apple
 『The Economist』紙の姉妹企業が実施した調査から、銀行業界の課題が浮き彫りとなった。彼らはハイテク企業との競合を最も恐れているという。
■現実の手法で自社を標的型攻撃する「レッドチーム演習」とは?
 現実世界の標的型攻撃を模倣し、実際に自社を攻撃することでセキュリティの不備を洗い出すレッドチーム演習。この効果は絶大だ。
■AWSの事業計画をも左右する巨大ユーザー企業創設者が語るソフトウェア開発哲学
 「当社はAmazonの事業計画にも影響を与える」と豪語する英Omnifoneの共同創業者、サント氏。彼はAWSを徹底的に活用し、レゴスタイルと呼ぶ開発哲学を提唱する。
■ハイブリッドフラッシュアレイ市場で注目すべき5つの新興企業
 オールフラッシュよりも安く、HDDよりもハイパフォーマンス。ハイブリッドフラッシュアレイの利点は多い。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/04/15
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間19ページ
ファイルサイズ3.15 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け