製品資料

ネットアップ株式会社

検証:フラッシュストレージがデータベースワークロードにもたらすメリット

フラッシュストレージを導入すると、データベースを基盤とするアプリケーションの応答速度を大幅に改善できるだけでなく、消費電力、冷却コスト、設置面積も削減できる。その結果、従来のストレージインフラよりも低コストで、より多くの業務を処理することが可能となる。

要約

 IT担当者を悩ませるデータベースのパフォーマンスボトルネックは、ストレージI/Oの遅延が主な原因だ。この問題の解消には、HDDを多数並べる、あるいはソフトウェア側でのチューニングによって対応するのが一般的だった。しかしフラッシュ媒体の登場によって、こうした対応策に大きな変化が出てきた。

 エンタープライズシステムにおけるデータベースパフォーマンスの向上を図る手法として、ストレージコントローラーやディスクの外部拡張ユニットへのフラッシュ製品の導入、あるいはオールフラッシュアレイ構成といった方法が大きな成果を挙げるケースが増えている。ストレージI/Oの遅延にはさまざまなケースがあり、多様な問題に対処するには、包括的なポートフォリオを持つ製品を選択することが重要だ。

 本資料は、Oracleデータベースのユーザーが抱えるさまざまなパフォーマンスに関する課題を、ネットアップのフラッシュストレージ製品で解決する方法を紹介している。特定のバッチ処理ジョブでのパフォーマンスと読み取りレイテンシの問題など、具体的な課題がどこまで改善されるか、分かりやすく解説されている。レイテンシを30%削減し、スループットを3倍に高めることができた検証結果を、資料で確認してほしい。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/04/10
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ645 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業