レポート

ネットアップ株式会社

企業のイノベーション促進、リスク削減を実現する「アプリケーションのモダナイゼーション」とは?

製品やサービスの市場投入までの所要時間の短縮、顧客満足度の改善、イノベーションの推進、競争優位の獲得などを実現するには、システム面で何に注力する必要があるのか。「アプリケーションのモダナイゼーション」という観点から、これらを達成するための方策を探る。

要約

 ITによるビジネス貢献への課題とは何か。以前から取り上げられてきたテーマだが、具体的な概念などが確立していたわけではなかった。しかし、ここにきて「アプリケーションのモダナイゼーション」という発想が注目されている。

 アプリケーションのモダナイゼーションとは、ビジネス要件に合わなくなったアプリケーションを廃し、業務に最適化されたアプリケーション群をITインフラ上で展開させることを意味する。つまりアプリケーションのモダナイゼーションは、インフラストラクチャのモダナイゼーションと両輪で進めることにより、初めて効果を生み出すものなのだ。

 IDCによる本リポートは、アプリケーションとインフラストラクチャ両方のモダナイゼーションによって、ビジネスの俊敏性や業務の効率性が向上し、アプリケーションオーナーと戦略的ITリーダーにとってのリスク軽減が可能になるという考え方を詳細に解説している。また、モダナイゼーショ実現に大きな役割を果たすストレージインフラの必要な要件についても具体的に説明しており、実効性のあるIT計画を策定する上で大いに役立つ資料となっている。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/04/03
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ397 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模大企業