レポート

アイティメディア株式会社

仮想環境で軽視されがちなハードウェア、障害対策は万全?

仮想化ではハードウェアが軽視されがちだ。しかし、可用性を確保する機能を使っても、全てのハードウェア障害が回避できるとは限らない。仮想環境では、可用性だけでなく障害も考慮して設計する必要がある。

要約

 ライブマイグレーションやフォールトトレランス、高可用性、冗長化などの技術が広く利用されるようになり、ハードウェア障害はあまり話題に上らなくなっている。代わりにわれわれは、アプリケーションやシステムの可用性に主眼を置いている。障害ではなく可用性の観点から設計、構成、インストールを行うわけだ。そこで問題となるのが、「ハードウェアが故障したら、何が起こるのか」だ。

 可用性を考慮した設計における思考プロセスは、障害を考慮した設計の場合とは全く異なる。その違いを理解することが仮想化を成功させる鍵となる。

 さらに、サーバ仮想化では、大規模なサーバクラスタを1つ構築するのと、小規模なサーバクラスタを複数構築するのとではどちらが良いのだろうか。ハードウェアにおけるサーバクラスタリングの制限についても考察した。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/04/02
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ376 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け