レポート

アイティメディア株式会社

今どきPCは2年で買い替えが当たり前? 失敗しない企業向けPCの選び方

PCの買い替えサイクルは従来「3〜4年」が一般的だった。だが近年では「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。また、業務の生産性にも直結する企業向けPCの選び方は実はあまり知られていない。

要約

 PCはこれまで「3〜4年」ごとの買い替えが一般的だった。だが、ビジネススピードの加速やワークスタイルの変革などに伴い、ITを取り巻く環境は大きく変化している。そうした中、果たして従来型の買い替えサイクルが得策といえるのだろうか。近年では、「2年ごとの買い替えが妥当」とする意見もある。その根拠と効果について考察する。

 また、ビジネス用PCと一般用PCの違いをご存じだろうか。製品自体の違いはもちろんのことだが、選び方にも違いがあるのである。ビジネス用PCの選び方は、業務の生産性に直結するにもかかわらず、実はあまり知られていないのが現状だ。

 本資料では、PCの買い替えサイクルについてあらためて考えるとともに、失敗しないビジネス用PCの選び方について分かりやすく説明する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/03/26
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ363 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け