技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 3月4日号:Windows 10で試されるIT部門

巻頭特集は、脆弱性を報告しても対応しない場合の、情報公開の是非について。また、Windows 10でOS戦略を転換したMicrosoftだが、岐路に立たされているのは果たして誰なのか? 他にスマートウオッチアプリ開発者の現状、Docker管理ツール「Kubernetes」解説をお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 3月4日号は、以下の記事で構成されています。

■脆弱性を17カ月放置した企業を正すには“晒しあげ”しかないのか?
 GoogleによるWindows 8.1の脆弱性情報公開で注目される、情報公開の是非。だが、脆弱性を17カ月も放置した企業を動かすには、この方法しかなかったのかもしれない。
■「Windows as a Service」へ大転換のWindows 10がIT部門に突きつける問題
 Microsoftの戦略変更で話題騒然のWindows 10。MicrosoftおよびWindowsにとっての岐路になるとみられているが、Windows 10の登場で本当に変革を求められているのは?
■バッチ処理時間が8分の1に短縮しただけではない、ハイブリッドフラッシュの利点
 マネージドサービスプロバイダーのAmatisは、8時間もかかるバッチ処理のためにさまざまな問題を抱えていた。
■開発者が語るスマートウオッチアプリ開発の悩み
 スマートウオッチ向けアプリを開発中のザムフィレスク氏。その実体験を通して得たスマートウオッチ向けアプリ開発の課題、市場の展望などを聞いた。
■GoogleのDocker管理ツール「Kubernetes」基礎の基礎
 Dockerの普及と共にさまざまなツールが登場しているが、中でもGoogleのKubernetesに注目が集まっている。Kubernetesとは何か?

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/03/04
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ2.96 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け