製品資料

NTTコミュニケーションズ株式会社

「島耕作」が語る、クラウドとBYODでオフィス通信機器を“持たずに使う”時代

クラウドとBYOD活用で、通信設備を“持たずに使う”ことによる業務効率化やコスト削減の秘訣を「島耕作」が紹介する。

要約

 ワークスタイル変革を推進する上で欠かせない“コミュニケーション変革”。中でも重要なのは音声コミュニケーションの改善だ。オフィスの固定電話、携帯電話やスマートフォンの利用をこれまで以上に便利にしていくにはシステムと端末利用の2つの側面から検討する必要がある。

 システム面では、PBXと呼ばれる構内交換機の見直しがまず挙げられる。PBXの運用および改修のコストを大幅に削減することで、限られた予算から端末利用の利便性を向上させるための施策を選択することも可能になる。システムと端末利用の合理化をバラバラに進めるのではなく、総合的に取り組むことで“コミュニケーション変革”はスムーズに実現するのだ。

 本ホワイトペーパーは「島耕作」が音声コミュニケーションの課題をはじめ、「PBXのクラウド化」「内線利用できるスマホ」「利用しやすいBYOD」により、推し進めた業務改革をマンガで紹介。分かりやすく通信設備を“持たずに使う”メリットを解説している。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2015/01/15
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間16ページ
ファイルサイズ4.98 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け