製品資料

株式会社ソリトンシステムズ

マルチデバイス時代に求められる不正アクセス対策とは?

マルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイル実現に貢献した。こうしたビジネス環境の変化に、迅速かつセキュアな対応ができるITシステムが求められている。

要約

 クラウドやマルチデバイスの普及は、在宅勤務やモバイルワークなど多様なワークスタイルを促進させた。今後も新たなデバイスが登場し、ワークスタイルもますます変化していくだろう。短期間に激しく変化するビジネス環境においては、いち早くその変化にセキュアな対応ができるITシステムとしての“懐の深さ”が勝敗を決める。

 本資料では、マルチデバイスを前提としたセキュリティ対策の重要ポイントをピックアップする。従来のIDとパスワードによる認証の限界、セキュリティ向上に有効な二要素認証や端末識別、安全なワイヤレスアクセス基盤/リモートアクセス基盤を図とともに解説。マルチデバイス時代に適した不正アクセス対策とはどのようなシステムなのか、検証していく。また、上記対策に有効なアプライアンスやリモートアクセスソリューションについても紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/11/07
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間20ページ
ファイルサイズ4.14 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け