レポート

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社

巧妙化するマルウェアとの闘いを終わらせるために

標的型攻撃への対策は、まずその攻撃の特性を知る必要がある。その上で進化するマルウェアとどう向き合うか、闘い方を学ばねばならない。

要約

 セキュリティの脅威は常に進化を続けている。巧妙化するマルウェアとその防御策は“いたちごっこ”で、新たな検出技術が開発されれば、攻撃側はそれを迂回する方法を考え出す。もはや従来のシグネチャベースのセキュリティ対策だけでは防ぎ切れない。

 本資料は、まず標的型攻撃について、その特性、進化の歴史を分かりやすく解説する。これを踏まえた上で、今までのサンドボックス技術を回避するマルウェアをも的確に検出する機能を備えたフルシステムエミュレーション技術について解説。また、低コストで導入が容易なフルシステムエミュレーションによるクラウドベースのサンドボックス製品を紹介する。

 今まで中堅企業ではなかなか導入が困難だった高価な標的型攻撃対策製品を超えた最新のセキュリティ対策がリーズナブルなコストで導入可能となり、さらに可視化ツールと統合した管理ツールも有効となる。巧妙化するマルウェアとの闘いは、まず標的型攻撃への特性を正しく理解して対策を検討する必要がある。本資料で、脅威はどのように起こるのかを理解し、脅威への対処法についての最新情報を入手してほしい。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/10/29
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間18ページ
ファイルサイズ917 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け