レポート

アイティメディア株式会社

こうして世界は盗聴された――米国“最強ハッカー集団”のおぞましい手口

米国家安全保障局(NSA)による大規模な諜報活動は、世界を震撼させた。諜報活動で暗躍したハッカー集団「TAO」とは何か。諜報活動は正当なものだったのか。真実に迫る。

要約

 米国家安全保障局(NSA)の元職員エドワード・スノーデン氏のリークによって、その任務や能力が明らかになったのが、「TAO」(Tailored Access Operations)と呼ばれるハッキング部隊だ。メーカーから出荷される前のシステムに細工を施すといった驚異的な手法で諜報活動を進めたとみられている。

 こうした諜報活動は、世界各国からの批判を集めた。だがNSAの元長官であるキース・B・アレクサンダー氏によると、諜報活動を含むNSAの活動は、“第2の9.11”を防ぐためには必要なことだったという。TAOの手口とはどのようなものだったのか。諜報活動を正当化できる理由とは。TechTargetジャパンの関連記事を再編集した本資料で検証する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/09/11
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ359 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け