技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 9月3日号:企業はApple製品を受け入れるべきか?

社員はApple製品を好むが、Appleは企業サポートに消極的。それでもApple製品を導入すべきなのか? 他に、AppleとIBMの提携がMicrosoftに与える影響、短縮URL悪用事件の分析リポート、インメモリデータベース技術・市場動向解説などをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 9月3日号は、以下の記事で構成されています。

■Microsoftを追い詰めるApple−IBM連合の脅威
 IBMはAppleと提携することで、業界に特化した統合アプリケーションを「iOS」向けに開発するとみられている。この事態に、Microsoftは対応を迫られている。
■Bitlyの短縮URL悪用事件に見る、正しい短縮URLの使い方
 Bitlyの短縮URLが悪用された事件により、ニュース放送局やニュースWebサイトの短縮URLに寄せられる信頼が揺らいだ。
■レスポンシブサイト導入で見えた、モバイル/デスクトップの役割分担象庁
 総合旅行予約サイトは、モバイルからのアクセスによる購入を増やすため、レスポンシブWebサイトを導入した。だが、サイト利用者の新たな傾向が浮き彫りとなった。
■企業導入が進むApple 製品だが、「Apple はIT サポートの提供を恐れている」
 コンシューマライゼーションの高まりを背景に、Apple製品の企業導入が進んでいる。だがAppleは企業ITのサポートに消極的であり、課題も多い。
■単なるRAMディスクではない、インメモリデータベース基礎の基礎
 メモリにデータを配置して処理するインメモリデータベースの活用には、その技術的特性を理解しておく必要がある。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/09/03
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ3.44 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け