レポート

アイティメディア株式会社

今人気のクラウドデータベース5選、気になるところを詳しく紹介

「Microsoft SQL Server」ユーザーがクラウド環境で選ぶべきは「Windows Azure SQLデータベース」だけではない。これに代わる選択肢は幾つもあるが、今回は5社を取り上げて解説する。特に、4つのDBサービスを有する「Amazon Web Services」については詳しく扱う。

要約

 あなたの会社が「Microsoft SQL Server」を運用しているなら、社内システムを拡張するために「Windows Azure SQLデータベース」(旧称SQL Azure)を既に利用しているかもしれない。しかし、このWindows Azure SQLサービスがそぐわない場合もある。例えば、あなたの会社が非リレーショナルサービスや、SQL Server以外のプラットフォームに基づくサービスを求めている場合だ。

 このコンテンツでは、Windows Azure SQLデータベースに代わる選択肢を提供する5社のプロバイダーを取り上げ、各社のサービスが他社サービスとどう違うのかを見ていく。具体的には、「Amazon Web Services」「Google Cloud Platform」「Rackspace Cloud Databases」「MongoLab」「Database.com」の5つである。特に、Amazon Web Servicesについては、4種類のデータベースサービスを深堀し、それぞれの違いを説明する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/08/28
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ332 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け