レポート

アイティメディア株式会社

私物スマホの業務利用、うまくいく企業 ダメな企業

使い慣れたスマホで業務効率UPと注目のBYOD(私物端末の業務利用)は、IT部門の新たな悩みの種。管理が緩いとセキュリティが不安だし厳し過ぎると使いにくい。BYODを成功に導くポイントとは?

要約

 従業員が私物として使う端末を業務にも活用しようという「BYOD」。企業と従業員の双方にメリットをもたらすといわれ、新たなトレンドとして注目されている。だが実際に運用するとなると、まだまだ課題は多い。万全なセキュリティ対策と強過ぎる管理者権限は、BYODの利用意欲を削ぐことにつながりかねない。“1億総モバイル時代”にIT担当者は何をするべきなのだろうか。

 BYODに関するTechTargetジャパンの人気記事を再編集した本資料では、米Sony Pictures Entertainmentの事例を軸に、セキュリティポリシーと従業員のモチベーションのバランスについて論じている。また外部の脅威からデバイスを保護するためにIT担当者としてとり得る対策をシチュエーション別に紹介している。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/07/17
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ361 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け