レポート

アイティメディア株式会社

「Heartbleed攻撃」の餌食となった企業の末路

2014年4月に発覚したOpenSSLの脆弱性「Heartbleed」。放置している企業もまだ多いというHeartbleedだが、それを悪用した不正ログインなどの被害が実際に起きている。実例を交えて、その実害を紹介する。

要約

 OSSのSSL/TLSライブラリ「OpenSSL」。その脆弱性である「Heartbleed」は、SSL/TLSにおけるOpenSSLの普及度の高さも手伝い、Webに関わる多くの企業や組織に衝撃を与えた。既にユーザーデータへの不正アクセスや不正な削除といった実害も発生しており、もはや単なる「理論上危険なバグ」ではない。

 いまだに多くのWebサイトが放置しているというHeartbleed。その姿勢がどのような結果を招く可能性があるのかは、実際の被害例を見るのが手っ取り早い。本資料は、Heartbleedの実害についてまとめた、TechTargetジャパンの人気記事を再編集したものである。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/07/10
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ357 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け