技術文書

アイティメディア株式会社

コンテキスト認識型セキュリティ製品導入戦略ガイド

コンテキスト(文脈)を認識してアクセス制御を実行するコンテキスト認識型セキュリティ技術が注目されている。本製品導入ガイドでは、この技術の基礎、実現できること、そして将来発生するであろうモノのインターネットのリスクについて解説する。

要約

 今、セキュリティ対策はアプローチを変えるべき時を迎えている。そこで注目されているのが、「コンテキスト認識型セキュリティ技術」だ。例えば、誰が、いつ、どこから、どのような手段でアクセスしてきたのか。これらを総合的に判断して防御を実施する。本製品ガイドでは、3つの記事を通してコンテキスト認識型セキュリティ製品の導入を支援する。

1つ目の記事は、コンテキスト認識型セキュリティ技術の基礎、メリットを解説。一方で、それらを過大評価することの危険性を指摘している。

2つ目の記事では、コンテキスト認識型セキュリティ製品が備えるべき機能を定義するとともに、従来型セキュリティと併用し、補完し合うメリットを解説。

3つ目の記事では、モノのインターネットによって想定外のセキュリティリスクが発生する危険性を指摘し、その際のセキュリティ対策の課題を解説する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/06/25
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間13ページ
ファイルサイズ3.33 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け