レポート

アイティメディア株式会社

本格流行の前にサクッと学びたい「DaaS」活用法

VDI(仮想デスクトップインフラ)と比較されることの多いDaaS(Desktop as a Service)。仕組みや特徴にはどのような違いがあるのか。また、DaaSの最適な活用法とは? DaaS導入の成功事例から探る。

要約

 VDI(仮想デスクトップインフラ)の次に来るデスクトップの在り方として注目されるDaaS(Desktop as a Service)。近年、主要なテクノロジーベンダーが、デスクトップをクラウドに移行するという考え方に将来性を抱き、続々とDaaSのサービスを提供している。

 このコンテンツではDaasの本格的な流行を前に、DaaSの活用法について考えてみたい。DaaSで解決できるユースケースにはどのようなものがあるのか。VDIでは成し得なかったDaaSならではのメリットとは。ベンダーの最新動向と併せて見ていこう。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/06/26
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ344 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTargetジャパン クラウド&SaaS
クラウド/ASPに関する選定・導入支援サイト。パブリッククラウド、プライベートクラウドに関する製品(ソリューション)紹介、製品比較、導入事例を中心に記事を提供。