技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 6月18日号:eBayとスターバックスのビッグデータ戦略

大量データの処理に悩むeBay、データの利用方法を模索しているスターバックス。有名企業といえども、ビッグデータの活用は難しい。両社のインタビュー&事例記事の他、Solaris、SPARCの将来、Google Apps導入事例などをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 6月18日号は、以下の記事で構成されています。

■仮想化、拠点間フル冗長化、フェイルオーバー安全神話のウソ
 ベンダーのセールストークを真っ向否定する論客として知られるトイゴ氏が、今回もベンダーを痛烈に批判しつつ災害復旧のあるべき姿を伝授する。
■OracleがSolaris 11.2を発表! だがSolarisとSPARCの将来性は……?
 米OracleがSolaris 11.2のβ版をリリース。「完璧なプラットフォームだ」と自画自賛する同社だが、SolarisとSPARCへの投資を継続するのだろうか?
■処理しきれないデータに苦悩するeBayが編み出したビッグデータ戦略
 コンピュータが生成するデータ量は1日に50Tバイト。全社では100Pバイトを処理しなければならない。米eBayはこの膨大な量のデータ処理という課題に直面している。
■MicrosoftアプリからGoogle Appsに全面移行した英オペラハウス
 英国のグラインドボーンオペラハウスは、200人の職員が利用するメールや業務ワークフローなどのアプリケーションとストレージを、米GoogleのGoogle Appsに移行した。
■モバイルアプリで待ち時間と行列の短縮を実現したStarbucksのモバイル戦略
 米Starbucksはモバイルおよびバックオフィスの刷新を続けている。「店内でより快適な時間を過ごしてもらいたい」と語る同社ティーグル氏の次の戦略は?

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/06/18
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ3.14 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け