レポート

アイティメディア株式会社

iPad版「Microsoft Office」で現実味を帯びる“PCのない世界”

ついに登場したiPad 版の「Microsoft Office」。機能面、ライセンス面での制限はある ものの、実用に耐えるiPad用オフィススイートの“本命”が、企業の端末環境に変革を迫る。

要約

 米Appleのタブレット「iPad」を業務利用する上で長らく課題となっていた、「Microsoft Office」ファイルの扱い。米MicrosoftがiPad版のMicrosoft Officeをリリースしたことで、この状況が大きく変わりつつある。

 企業は早速、iPad版Microsoft Officeがもたらす価値を測り始めている。タブレットシフトを強める企業の中には、クライアントPC中心だった企業の端末環境の在り方そのものを見直す動きが現れ始めた。

 iPadでMicrosoft Officeが使える今、もうクライアントPCは不要なのか。本資料は、iPad版Microsoft Officeや企業の端末環境への影響についてまとめた、TechTargetジャパンの人気記事を再編集したものである。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/06/12
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ754 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け