製品資料

トレジャーデータ株式会社

クックパッドのデータ解析を支える「クラウドデータマネジメントサービス」とは?

「ビッグデータ活用はハードルが高い」と感じている企業は少なくない。それならばクラウドを活用するという有力な解決策がある。クックパッドや良品計画といった有名企業がデータ解析のために活用するクラウドサービスとはどのようなものか?

要約

 ビッグデータが注目を集めるようになり、多くの企業がその活用について検討を始めるようになった。だが、データ量が多すぎて既存のデータウェアハウス(以下、DWH)に保存しきれない、DWHのコスト負担が大きい、さまざまなデータソースを統合して管理したい、といった課題を抱える企業も少なくない。また、取り組みたいが何からどう手を付ければよいのか分からないという声も増えている。

 本コンテンツでは、上記の課題を解決するためにクックパッドや良品計画が活用しているクラウド型データマネジメントサービスの導入効果を、両社の事例を交えて詳しく紹介する。構造/非構造化データを問わずさまざまなデータをクラウド上に蓄積し、ほぼリアルタイムに集計可能な他、約2週間と導入期間も短く、2つの分析エンジンで基礎から専門的な内容まで分析要件をカバーするなど、分析初心者でも安心して扱える点が特徴だ。

 また、社内向けのビッグデータ活用プロジェクトの計画書を付録として追加しているため、DWHのコストや運用負荷が課題の企業はもちろん、これからビッグデータ活用を実践しようと考える企業にぜひ読んでほしいコンテンツだ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/05/01
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間71ページ
ファイルサイズ5.94 MB
対象業種製造、流通、サービス
対象企業規模大企業