製品資料

ダウジャパン株式会社

スパム対策運用コストを3分の1に削減する方法

メールセキュリティのリプレースを考えるなら、IT部門としてはこれを機に総コストの削減を狙いたい。スパム対策運用コストを従来の約3分の1に削減するメールセキュリティの要件を5つのポイントで解説する。

要約

 スパム対策をはじめとするメールセキュリティ製品はほぼ全ての企業で導入されているが、そのコストや運用負荷に悩まされている企業は少なくない。また、導入から数年がたち、サーバの老朽化やサポート切れなどを機に、メールセキュリティのリプレースを考えている企業も多いだろう。IT部門としては強固なセキュリティを担保していることはもちろんのこと、できればリプレースの際には劇的なコスト削減効果も狙いたい。

 この資料では、メールシステムやメールセキュリティのリプレースを大幅な総コスト削減に結び付けるために必要な要件を、5つのポイントで解説する。リプレースを機にメールセキュリティの総コスト削減を図るのであればぜひ読んでほしい資料だ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q2. スパム対策および、メールセキュリティ製品についてお聞きします。現在貴社で導入済みの製品があれば選択してください。(必須)
Q3. 自社で利用中のスパム対策および、メールセキュリティ製品の満足度を教えてください。(必須)
Q4. 現在利用中のメールセキュリティ製品のリプレース時期を教えてください。(必須)
Q5. 今後、弊社からの対応についてのご希望をお聞かせください。(任意回答)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2014/02/05
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間29ページ
ファイルサイズ1.70 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け