技術文書

レッドハット株式会社

ベールを脱いだJava EEの次のトレンド - JBossで学ぶSeam(上)

オープンソースアプリケーションサーバのJBossはJSR299としてJava標準に承認済みのSeamというフレームワークを標準装備。本ホワイトペーパはSeamによる開発をステップバイステップで基礎から解説する。

要約

 JBoss SeamはJavaによるアプリケーション開発を驚くほどシンプルに変えるオープンソースのフレームワーク。現在、SeamはJavaの標準仕様を決定するJCPにおいてJSR 299: Web Beansとして標準化が提案・承認されておりJavaEE6での採用動向が注目されている。なぜなら、このプロジェクトは、人気の高い「Hibernate」を作り出したJBossのカリスマ的開発者Gavin King がスペックリードとして主導し、アプリケーション開発と保守の複雑性の解消を目的にしているからだ。

 本ホワイトペーパーでは、「JBossで始めるSeam入門(上)」と題して、JBoss Seamを体験したい開発者のために、入手方法から導入・設定方法、サンプルの実行などをステップバイステップで解説する。「JBossで始めるSeam入門(下)」と合わせて読むと、JBoss Seamを利用したアプリケーション開発手法やその特徴、メリットがより深く理解できる。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2008/05/30
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間35ページ
ファイルサイズ2.09 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け