技術文書

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 11月6日号:大容量化で激変するフラッシュストレージ市場

ベンチャー企業がリードしてきたフラッシュストレージ市場を概観し、主要ベンダーの製品戦略を個別に解説。Gmail障害に見るクラウド障害への対策、英ジャガー・ランドローバーのクラウド戦略、コカ・コーラのグリーンIT戦略、恒例のCIOインタビューをお届けする。

要約

 Computer Weekly日本語版 11月6日号は、以下の記事で構成されています。

■CIOはクラウドの深刻なシステム障害に備えよ
 Gmail障害という事態を受けて、クラウド利用者はクラウド障害への対策を検討すべきときが来た。

■CIOの最大の懸念はクラウドコンピューティングの「見えないコスト」
 米Compuwareが実施した調査から、クラウドの見えないコストをはじめ多くの課題が浮き彫りとなった。

■仮想化を経てクラウド導入を進める英自動車メーカーJaguar Land Rover
 最近、クラウドの導入に着手したJaguar Land Rover。同社事例を通して、サービスプロバイダーの選定、クラウド導入へのアプローチを紹介する。

■料理オンライン注文サイト、クラウド導入でシステム管理から本業に注力
 英料理オンライン注文サイトのITサービス責任者に、Google Apps for Businessの導入理由、導入のために実施した施策、今後のIT戦略を聞いた。

■グリーンIT 戦略に乗り出したCoca-Cola
 電力消費削減に乗り出した英Coca-Cola Enterprisesの事例を紹介する。

■大容量ストレージがハイブリッドフラッシュアレイ市場を変える
 HDDとSSDを組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイはベンチャー企業を中心に動いてきた。動きが鈍かった6大ベンダーの動向は?


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/11/06
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間19ページ
ファイルサイズ3.27 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け