事例

シンガポールテレコム・ジャパン株式会社

中国域内100拠点のシステム統合とインターネット集約化を実現

住友重機械工業がSingTelで実現した中国域内100拠点以上のシステムとネットワーク統合の全貌

要約

 海外進出を加速させるグローバル企業にとって「中国」戦略は常に重要な経営課題である。企業によっては既に中国全土に生産・販売拠点を拡充させており、事業の更なる成長段階に入っている。しかし、そのビジネス展開のスピードに企業の競争力と生産性に直結するとも言われているITの整備は追いついているのだろうか。特にセキュリティ面ではメールやインターネット上のウイルスやハッキング等が原因となる情報漏えい問題は、高い技術力を誇る日本企業にとって知的財産を守る上でも対策を取る必要があり、適正な費用で品質高いソリューションを構築するためのベンダー選定が重要となる。

 本事例紹介では、SingTelのユーザ企業である住友重機械工業が中国域内のICTをどのように整備し、ベンダー選定を行ったかを当時抱えていた課題とともに紹介する。SingTelでは、中国域内でシステム統合を行うためのデータセンター(サーバの調達・構築・運用)や、仮想環境で運用可能なクラウド(IaaS)サービスの紹介も可能。また、中国語に対応した拠点側のITヘルプデスクを提供する。中国域内および、中国データセンターや日中間を高品質なネットワークで接続可能なIP-VPNサービスのキャンペーンも実施中。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/09/30
フォーマットPDF
種類事例
ページ数/視聴時間1
ファイルサイズ194 KB
対象業種製造、流通、金融・保険
対象企業規模大企業