製品資料

日本アイ・ビー・エム株式会社

ベンチマークテストで実証するHadoop環境でのビッグデータ処理を高速化する方法

「IBM Platform Symphony」は、低遅延、高信頼性、リソース共有のために最適化されたApache Hadoop準拠のMapReduceが実装されており、ビッグデータを高速処理できる。ベンチマーク結果を示しながら、Platform Symphonyの導入メリットを説明する。

要約

 大量のデータを収集し、ビッグデータを分析することで、より良い顧客体験やマーケティング効果の強化、運用効率の向上、財務リスクの低減などの鍵となる洞察を得られる。ビッグデータの運用を始める企業には、パフォーマンス、効率性、柔軟性といった運用上重要な懸念を解決するソリューションが必要だ。

 しかし、IT予算が削減され、データセンターのリソースが限界に近づいている中、単純にハードウェアを追加することでパフォーマンス向上に対応できるIT部門はほとんどないだろう。リソースの効率性を向上させ、既存のリソースを最大限に活用することで、コストをコントロールする必要性。同時に、複数のアプリケーションに対応するためにリソースの柔軟性を高める必要性。こうした課題にIT部門は直面している。

 「IBM Platform Symphony」は、コストをコントロールしながら、ビッグデータ分析に必要な高いパフォーマンスを達成するためのソリューションだ。このホワイトペーパーでは、ベンチマーク結果を示しながら、ビッグデータワークロードにPlatform Symphonyを使用することのメリットを説明している。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
Q5. IBMおよびIBMの子会社、関連会社から製品、サービス、オファリングに関する情報をお送りさせていただく場合があります。
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/09/26
フォーマットPDF
種類製品資料
ページ数/視聴時間8ページ
ファイルサイズ434 KB
対象業種流通、情報通信、金融・保険
対象企業規模全企業規模向け