レポート

アイティメディア株式会社

Computer Weekly日本語版 8月21日号:PRISMスキャンダルで加速する脱・米国クラウド

米国政府による監視が暴露され、米国企業のクラウドサービス利用を見直す動きがある。米国の監視を排除できるクラウドとは? 英国省庁のアジャイル失敗事例やIntelのIT責任者へのインタビュー、セキュリティ座談会で見えてきた標的型攻撃対策も紹介する。

要約

 Computer Weekly日本語版 8月21日号は、以下の記事で構成されています。

■英国労働・年金省主導のITプロジェクトでアジャイル開発が失敗した理由
 英国政府が掲げるアジャイル開発。だが、労働・年金省主導のプロジェクトは失敗に終わった。なぜか?

■PRISMスキャンダルでスイスのクラウド需要が急増
 米国政府の監視プログラムPRISMの暴露以来、スイスのホスティング企業へ乗り換える動きがある。企業にとって、脱・米国クラウドは意味があるのだろうか?

■パブリッククラウドで「4時間待ちのチケット予約サイト」を改善した英国ロイヤルオペラハウス
 チケット予約に時間がかかりすぎていたロイヤルオペラハウスのWebサイト。パブリッククラウドに移行することでこれを解決した事例を紹介する。

■クラウドで560万ドル削減したIntel、その仮想化、クラウド戦略
 Intelもまた、一般的な企業と同様のIT課題を抱えている。同社のIT責任者に、IntelのIT事情、仮想化やクラウドの導入について聞いた。

■ネット販売の拡大で直面するサプライチェーンの再編
 ネット販売の市場では、投資の重心が顧客サービスから配送スピードに移っている。この市場で生き残るには、サプライチェーンの再編が必須となる。

■セキュリティ座談会で見えてきた、標的型攻撃対策の重要ポイント
 Computer Weeklyは、銀行や公的団体などのセキュリティリーダーを集めた座談会を開催。意見交換を通して、標的型攻撃対策の方法論が見えてきた。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/08/21
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間19ページ
ファイルサイズ3.37 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け