レポート

アイティメディア株式会社

クラウドコンピューティングと仮想化のためのネットワーク最適化

仮想化やクラウドでは機器の物理的な位置が意味を持たなくなり、機器の配置を前提としたネットワーク構成では限界が見えてきた。仮想化/クラウド時代のネットワークは、“ユーザー中心”“イーサネットファブリック”が鍵を握っている。

要約

 仮想化の企業導入が進み、サーバやストレージの物理的な位置は固定的なものではなくなった。機器の物理的な位置を前提として配線を最適化していた従来のネットワーク構築方法は、仮想化/クラウド時代に適用できない。本製品導入ガイドは、仮想化/クラウド時代に適合したネットワーク最適化のヒントとなる3つの記事で構成されている。

 まずは、米Forresterのアナリストによるユーザー中心のアーキテクチャ「ユーザーエクスペリエンスネットワーク(uXn)」の解説。また、Forresterが提唱するuXnを主導している3社の動向を明らかにする。

 2つ目の記事では、限界が見えてきた従来の3層構造のイーサネット構成に代わる「イーサネットファブリック」に着目。そのメリットや事例を紹介する。

 3つ目の記事では、データセンターのネットワーク耐久性にフォーカスし、仮想スイッチを使った障害発生時のシミュレーションと復旧時間のテストを実施。その詳細を解説する。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/07/22
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間12ページ
ファイルサイズ862 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け