レポート

アイティメディア株式会社

SDN、非エンジニアが知るべき最小限の知識

「SDN(Software Defined Networking)」という言葉の意味が分かりにくいのは当然だ。方向性を表した言葉だからだ。ネットワーク技術を詳しく分かりたくはないが、SDNがなぜ話題になっているのかを知りたい読者のために、最小限理解すべきことをお伝えする。

要約

 「SDN(Software Defined Networking)」は、特定の技術よりも、方向性を示した言葉だ。従って、どんなネットワーク技術の専門家でも、この言葉について中立的で十分な説明をすることは非常に困難だ。

 「SDNとは何か」と10人に聞けば、10通りの答えが返ってくる。そうした状況は今後も続くだろう。筆者自身も、場合により、あるいは相手により、異なる答え方をする。

 しかし、この言葉には、どのような立場の人であっても認めるべき価値がある。今回は、非ネットワークエンジニアの読者のために、「SDN」という言葉の意味を、要点解説という形式で多角的に説明する。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/06/11
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ446 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け