技術文書

シュナイダーエレクトリック株式会社

データセンターの冷却方式比較 ラック単位/列単位/部屋単位の長所と短所

クラウドコンピューティングや仮想化の普及により、データセンターの冷却問題はより一層重大なIT課題となった。データセンターの効率的かつ効果的な冷却方式を設計するための一助として、各冷却方式の長所と短所を示す。

要約

 データセンターでは、高負荷および変動する負荷の最新世代IT機器の登場により、従来の冷却方式では全く想定されていなかった状況が生じている。その結果、冷却システムが過大かつ非効率になり、必要な冷却容量を予測できなくなった。クラウドコンピューティングや仮想化が進むことにより、今日のデータセンターやサーバルームでは発熱する箇所や熱量が変動しているのだ。

 このような環境では、従来型の電算機室用空調である部屋単位冷却方式だけではなく、列単位およびラック単位といった局所冷却方式と組み合わせた、効率的で効果的な空調ソリューションが必須といえる。では、それぞれの冷却方式をどういった視点で採用すればよいだろうか。

 このホワイトペーパーでは、これらの新しい冷却方式について解説するとともに、多くの次世代データセンターにおいて、「どのような場合にどの冷却方式を採用すべきか」について、その指針を示す。


TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/06/18
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間14ページ
ファイルサイズ1010 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け