レポート

アイティメディア株式会社

「クラウドファースト」を理解するための8つのヒント

国内において、「クラウドファースト」という言葉を聞くことが今後増えてきそうだ。おそらく近い将来、この言葉の定義を巡る論争が起こるだろう。今回は「クラウドファースト」の本来の意味と、この言葉で目指すべき世界についてお伝えしたい。

要約

 「クラウドファースト」という言葉を、今後日本国内で聞くことが増えてくるだろう。そして例のごとく、この言葉を自分の都合のいいように、偏った意味で使う人も増えてくるはずだ。

 「クラウドファースト」という言葉は、企業や組織のITを、単純に全てクラウドサービスへ移行するという話ではない。この言葉が生まれてきた背景を知らないと、最終的に何を目指す取り組みなのかを理解できないだろう。

 今回のIT INSIDERは、この「クラウドファースト」という言葉の背景や文脈を、8つのポイントで説明する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/06/04
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ464 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。