レポート

アイティメディア株式会社

Windows XPからWindows 7へ──IT資産移行ガイド【後編】

MicrosoftはWindows XPのサポートを2014年で終了する。まだ対処していない企業は、デスクトップのテストと導入に十分な時間を充てることができるよう、今すぐに移行計画を開始する必要がある。

要約

 前編に引き続き、Windows XPからWindows 7への移行の際に参考になる情報をお伝えする。

 まず、Windows XPからの移行で課題となる「IE6用Webアプリケーション」の解決方法について。IE8以降でIE6用Webアプリを動作させるツールの紹介と、その導入事例を詳しく解説する。IE6用アプリを改修すべきか、それともツールを導入してアプリをそのまま使い続けるか。IT投資の方向性を決める際の参考になるだろう。

 最後は、仮想化を利用したアプローチのベストプラクティスを検討する。仮想化による運用コストの上昇やユーザー満足度の低下といった課題を解決して成功するための方法論とは?

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/05/31
フォーマットURL
種類レポート
ページ数/視聴時間1
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け