レポート

アイティメディア株式会社

カリスマITアナリストが語る、人とマシンの将来

ガートナーのアナリスト、スティーブ・プレンティス氏は、人々の生活のデジタル化が、ますます深く進行すると語る。インターネットやコンピュータは見えない存在になり、マシンやシステムが人々に代わって判断するようになっていくという。

要約

 先週のIT INSIDER No.10に引き続き、ガートナーのITトレンドアナリスト、スティーブ・プレンティス氏へのインタビューの後編をお届けする。

 前編で同氏はデジタル化があらゆる産業で進展すると語った。IT業界だけでなく、デジタル化はさまざまな業界にとって不可分の存在になる、それはIT業界のように、製品やサービスのライフサイクルが短縮化することを意味するという。

 今回お届けする後編では、プレンティス氏は人々の生活のデジタル化がますます深く進行すると話している。ソーシャルメディアなどの利用が広がるだけでなく、もの同士がインターネットを通じてつながり、これまで人間が行っていた判断が、徐々にマシンやシステムによって行われるようになっていくと話す。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/05/28
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ427 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け