その他

NTTデータ・セキュリティ株式会社

侵入検知システム(IDS)の運用に欠かせない2つのポイント

不正アクセスからの防御はIDS導入だけでは不十分だ。検知したイベントが実害につながるか否かを判断してシステムへの影響度を判別し、的確かつ迅速に対処することが求められる。

要約

 一刻の予断も許されない不正アクセス対策の更なる向上に向け、IDSをリモートで24時間365日監視/運用するサービスを紹介する。

 セキュリティ専門技術者が、顧客の環境情報や最新セキュリティ情報を元に影響度を判別し、検知したイベントに応じた対処法を的確に報告。脆弱性の勧告や図示化された統計レポート、月次報告会などにより継続的なセキュリティ改善につなげることが可能だ。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. コンタクト方法をお選びください(必須)
Q3. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q4. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q5. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2008/03/28
フォーマットPDF
種類その他
ページ数/視聴時間17ページ
ファイルサイズ816 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け