レポート

アイティメディア株式会社

在宅勤務を企業の成長に生かすための7カ条

前号で、在宅勤務を福利厚生として考えるべきではないという、テレワークマネジメント代表取締役、田澤由利氏の考えについてお伝えした。今号では、具体的にどのように対策すべきかについて掘り下げる

要約

 IT INSIDER No.8では、「日本で柔軟な働き方が広がらないのはなぜか」と題し、在宅勤務をはじめとする柔軟な働き方が浸透していないことと、その背景には企業が在宅勤務を、福利厚生施策としか考えていないことがあるという、テレワークマネジメント代表取締役、田澤由利氏の主張を紹介した。

 安倍首相は2013年2月の施政方針演説で、「テレワークや遠隔医療など社会に変革をもたらし得るIT活用」について触れ、さらに育児や介護と仕事の両立がしやすい社会を目指すと宣言。2013年4月の記者会見では「女性が輝く日本」を目指すと話した。

 こうしたビジョンが現実のものになるためには、現在よりも柔軟な働き方ができる環境を整備していくのが早道だ。企業にとって損になることでもない。では具体的に何をどうやっていくことができるか。前号にひき続き、田澤氏の提案を紹介する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/04/30
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ749 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。