製品資料

アイティメディア株式会社

重要性増すデータベースセキュリティ、製品開発の最前線を見る

企業の重要情報を保存するデータベースのセキュリティ対策が注目されている。社内外からの攻撃が増えていて、従来の対策では不十分だからだ。データベースセキュリティ対策の最前線が分かる記事をお届けする。

要約

 企業の重要情報を格納し、各アプリケーションの基盤として稼働するデータベースのセキュリティ対策が注目されている。米Verizon Businessの情報漏えいに関する調査によると、情報漏えい事件の9割以上はデータベースサーバから情報が盗まれている。また地方自治体のデータベースが外部から攻撃を受けたことが明らかになるなど、国内でも被害が相次いでいる。

 データベースは重要性が認識されながらもこれまでセキュリティ対策の観点では注目されてこなかった。基本的に社内に設置され、社内での利用が中心だったからだ。しかし、社内向けの情報システムであってもインターネットなど社外のネットワークに接続し、より利便性を高める使い方が一般化。データベースも社外との通信が普通になりつつある。

 一方、従来のデータベースは社内からの攻撃に対しても対策が不十分だった。情報漏えい事件は社外からの攻撃と同時に社内からの犯行も多い。データベースにアクセスできる正当な権限を持つユーザーに対しても適切なセキュリティ対策は必要だ。

 機密情報を格納するデータベースを守るためには社内外からの攻撃に対応する必要がある。参考になるTechTargetジャパンの人気記事をまとめた。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/05/01
フォーマットURL
種類製品資料
ページ数/視聴時間-
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け