技術文書

パンドウイットコーポレーション日本支社

Cisco(R) Nexus7009導入時にPanduitのキャビネットラックが選ばれる5つの理由

Cisco(R) Nexus7009を導入する際には、熱対策を始め、搭載するキャビネットの選択が、運用の安定性と拡張性を大きく左右する。主に5つの要素の事前確認が重要だ。

要約

 Cisco(R) Nexus 7009スイッチを最適に稼働&運用していくためには、キャビネットラックとして備えているべき5つの要素がある。その5つの要素を満たすキャビネットラックを選ぶことで、Cisco(R) Nexus 7009スイッチを搭載し、熱管理、電力管理、配線管理を適正に行えるようになる。

以下必須5要素の具体的なチェックポイントとは?

1、 徹底した熱対策
2、 ケーブリング品質の確保
3、 拡張性と管理性
4、 機器配置の最適化
5、 接地/グランディング対策

 本ドキュメントでは、上記5つを、具体的な実装モデルに分けて紹介する。
PanduitのCisco(R) Nexus 7009スイッチ専用キャビネットラックは、Cisco Compatibleとして検証されています。(免責条項:全文は、http://developer.cisco.com/web/partner/customerinfoからご確認下さい。)

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. このコンテンツに関連する製品/サービスの導入予定時期を、1つお選びください(必須)
Q2. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?(必須)
Q3. システム導入に際して、あなたはどのような役割を担いますか?(必須)
Q4. 閲覧するコンテンツに関連したシステム導入予算についてお聞きします。既に予算化されていますか?(必須)
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/04/26
フォーマットPDF
種類技術文書
ページ数/視聴時間21ページ
ファイルサイズ1.52 MB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け