レポート

アイティメディア株式会社

日本で柔軟な働き方が広がらないのはなぜか

ITを活用すれば、容易に時間や場所の壁を超えることができる時代にもかかわらず、企業の従業員は相変わらず社内の机の前に座っていなければならないのはなぜなのか。職場外労働のなかでも難しさを指摘する声の多い在宅勤務について、普及を妨げる壁はどこにあるのかを探る。

要約

 さまざまな調査で、日本では他国に比べ、職場外での仕事がしにくいことが指摘されている。そう聞くと、終身雇用を前提とした雇用制度、および時間労働制が基本となっていることが根本原因なのではないかと考えてしまう。

 それが正しいのであれば、雇用制度や労働制が一朝一夕に変わることは期待できず、従って今後も職場外での労働が国内で広がることはないのではないかと考えがちだ。

 だが、現行の仕組みのままでも十分に柔軟な働き方を推進できる、と主張する人もいる。今号のIT INSIDERは、職場外労働の重要な形態の1つである在宅勤務を取り上げ、これがどうすれば広がるのかを考える。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/04/10
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間5ページ
ファイルサイズ471 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。