レポート

アイティメディア株式会社

データベースとフラッシュストレージの方程式(PCIeフラッシュ、普及への文脈 後編)

PCIeフラッシュをはじめとするフラッシュストレージは、企業のデータベース高速化でも普及しつつある。今回は、各種のフラッシュストレージが、それぞれデータベースの高速化にどう貢献するか、選択や運用において注意すべき点は何かなどを探る。

要約

 企業IT分野でのフラッシュストレージ(半導体ストレージ)利用は、現実に進展しつつある。まず進んでいるのがデータベースのストレージとしての利用だ。そこで今回は、データベース高速化とフラッシュストレージの関係を探る。

 「PCIeフラッシュ普及の文脈 後編」というタイトルをつけているが、企業ITにおける利用ではPCIe接続かどうかが利用を決定づける要素ではない。このため、今回はPCIeフラッシュに加え、従来型ストレージにHDDではなくSSDを搭載したもの、フラッシュ用に開発された外付けストレージ装置(「オールフラッシュストレージ」)、の3種のそれぞれの特徴を踏まえながら、これらがデータベース高速化にどう役立つかを考える。

 より具体的には、パフォーマンス、容量、運用性の3点から、一般的な企業におけるデータベースの高速化のための、フラッシュストレージ利用について探る。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/03/27
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間7ページ
ファイルサイズ556 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。