レポート

アイティメディア株式会社

PCIeフラッシュ、普及への文脈 前編

PCIeフラッシュは、今後どのように普及していくのだろうか。IT INSIDERでは2回に分けて、その文脈を探る。今回は前編として、サービスプロバイダーの世界におけるPCIeフラッシュ普及への文脈を、米Fusion-io CEOへのインタビューを軸に探る。

要約

 コンピュータのPCIe スロットに装着するフラッシュメモリカード、すなわちPCfIe フラッシュの市場に参入する企業が増えてきた。この分野では先行するFusion-ioに加えて、サンディスク、OCZTechnology、Virident Systems、EMC、最近ではオールフラッシュストレージを開発・販売するViolin Memoryなど、多数の企業が提供するようになっている。

 PCIeフラッシュの基本的なメリットがパフォーマンス向上であることは誰でも知っている。だが具体的には、サービスプロバイダー、企業のそれぞれにおいて、PCIeフラッシュはどう広がっていく可能性があるのだろうか。今回はその前編として、サービスプロバイダー市場におけるPCIeフラッシュの普及について、米Fusion-ioの共同創業者であり、CEO兼プレジデントでもあるデイビッド・フリン氏へのインタビューを中心に、その他の情報を含めてレポートする。次号では後編として、エンタープライズ市場における普及について取り上げる。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/03/19
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間9ページ
ファイルサイズ677 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。