レポート

アイティメディア株式会社

サーバ仮想化とプライベートクラウドの政治学

サーバ仮想化は国内でもかなり普及したといわれる。しかし、サーバを減らしただけで意味はあるのか。アイティメディア ITインダストリー事業部 エグゼクティブエディターの三木泉が、きれいごとでないサーバ仮想化と企業のIT インフラの関係を解説する。

要約

 過去数年の、サーバ仮想化の国内における導入スピードには目を見張るものがある。だが、業務システム単位、あるいは部署単位で仮想化製品を採用しただけで、この技術のメリットを十分享受できているといえるだろうか?
 
 単純な仮想化の導入でも、サーバ機の台数を減らすことはできる。それで満足してしまっている人が多いようだ。この段階から先に進もうとしない人は、仮想化製品ベンダーが語る「プライベートクラウド」のコンセプトを、うさんくさく、あるいは絵空事のように感じているのかもしれない。

 しかし、きれいごとでなく、単なる仮想化から脱却しなければならない理由がある。アイティメディア株式会社 ITインダストリー事業部 エグゼクティブエディターの三木泉が、これを解説する。

TechTarget会員限定で記事の続きがご覧になれます。次のアンケートに答えてお進みください。
Q1. 閲覧するコンテンツは、どのような目的で読まれますか?
個人情報の取り扱いに関して

閲覧に際して、以下の事項に同意されたものと見なします。

  • 個人情報およびサービスの利用状況に関する情報は、TechTargetジャパンの 利用規約 とアイティメディアの プライバシーポリシー に基づき、アイティメディア株式会社が適切に管理いたします

コンテンツ情報

公開日2013/01/30
フォーマットPDF
種類レポート
ページ数/視聴時間6ページ
ファイルサイズ468 KB
対象業種全業種向け
対象企業規模全企業規模向け

関連情報リンク

TechTarget プレミアムコンテンツライブラリ
米国TechTargetのComputer Weekly、製品導入ガイドの日本語版やTechTargetジャパン発のIT INSIDER、TechTargetジャパン プレミアムなどのPDFコンテンツです。TechTargetジャパン会員であれば無償でダウンロードできます。